×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越のご挨拶

引越の挨拶は必要?

引越の時の近所へのご挨拶というのは、
一体どのくらい重要なものなのでしょうか―? 
昔は、引越の近所へのご挨拶ともなれば、
それは引越の中でも一種の決まりごとのようなものでした。

引越先の近所の人たちへ、挨拶状やら、挨拶文やら、
挨拶品などのギフトを揃えて持っていく。
粗品を持ってのし袋なんかを付けて、挨拶回りをするというのは、
引越しの中の儀式の一つだったわけです。

そういった引越のご挨拶をするというのは、
近所にも自分たちの存在を知ってもらいたいが為、というよりも、
近所で変なうわさをされない為、
近所でのメンツを保つためと言う意識が強かったのではないでしょうか―?

引越しをしてきたのに、引越のご挨拶も回りもしない、
はがきも手土産も届けてこない。
そういった家庭や人物は嫌われていたわけです。

ご挨拶というものは大事な事です。
ご挨拶のひとつがあるかないかによって、周りのあなたを見る目も、
大きく変わってきてしまうのですから。

引越しの挨拶の現代での考え方

引越しのご挨拶の現代での考え方は
どのようなものになってきているのでしょうか―? 

現代の一人暮らしをする人などは、
引越のご挨拶をする事はあまり考えていないようです。
例えば、近所に挨拶回りをして、そこで、自分の顔を知ってもらう。
手土産を持ってそのような事をする人などは
めっきり減ってしまったようですね。

まして、引越しの挨拶程度で、挨拶文を書いたり、
挨拶品などのギフトを持っていったり、
挨拶状を書いたりと言う事は全くしなくなったように思えます。

現代の引越し後の事情としては、隣の顔も知らない、
近所のことなど全く知らないというのが現実なのではないでしょうか―?

引越しのご挨拶というのは、昔は大切に考えられましたが、
今ではそれほどとはいえません。
そんな引越しのご挨拶という文化から、
はがきや、粗品さえも渡さないほど、
近所と疎遠になったと考えてしまうか。
それとも、紛らわしいことを抜きにして、
物事を簡潔に済ませるようになった、と考えるべきなのでしょうか―?

引越の挨拶には何を?

引越しのご挨拶に必要な、ギフト品などは、
どこで買ったりしたら良いのでしょうか―? 

今でこそ、引越し後のご挨拶、近所回りなどは、
皆、しなくなって来ていますけれども、
そんな現代だからこそ、
引越しのご挨拶というものをしてみたいと思いませんか? 

引越し後のご挨拶には、挨拶状、挨拶文などを書いて、
のし袋などに挨拶品などを入れて、
相手に手渡すのも醍醐味なのではないでしょうか―? 

引越し後のご挨拶回りを一種の儀式として試してみるのも、
なんだか日本の文化を感じているようで良いのではないのでしょうか―?

そんな日本の文化を感じる引越し後の挨拶と言うもの。
挨拶品など通販で選んだりするというのが難しい、
お金が無いと言う人は、
はがきを贈る、または、粗品だけでも良いから贈ってみる、
という精神も大切なのではないでしょうか?

まずはインターネットの通販サイトなどを巡って、
粗品を探してみるのも良いですよね。
引越しのご挨拶は、引越し後にはしなくてはならないものの一つです。